「自分のためになにかやりたい」-M・Sさん

 

ベリーダンスを始めようと思った最初のきっかけは、『何か趣味を探そう!』でした。

 

子どもが生まれて数ヶ月後、慣れない育児は大変だけど、新鮮で楽しいし、当時は(笑)新婚だったため、旦那の帰りを待つ新妻気分も悪くなかったのですが(笑)、ふと気づくとそれは、育児が生活の大半を占め、残りは家事をし、旦那の帰りを待ち、一日の中でほとんど人と会話をしていない毎日。

そんなことに気付いた時、 自分のために何かをやりたい! という感情が俄かに湧いてきて、産後のダイエットも気になっていた中で、『ベリーダンス』が目に留まりました。 当時、娘は生後4ヶ月で、まだお座りもできない状態でしたが、先生をはじめとして、周りがママさんが多かったので、泣きじゃくる娘の姿に、慣れない場所でそんな泣かれたら周りに迷惑が…((((;゚Д゚)))))))と自身はハラハラしていたものの、『子どもなんて大体そんなもの。みんなで温かく見守りながらダンスを楽しもう』という教室の空気に、初めて体験するダンスを、本当に心から楽しんで学ぶことができました。

 

また、日常から解放されて、非日常の世界感たっぷりの可愛いレッスン着を身に纏うのも心地よく、キラキラと輝く華やかな数々の衣装たちにも目を奪われ、ダイエット目的なんて現実は忘れ、気付くと、女性本来の美しさやしなやかさが存分に醸し出されるベリーダンスの魅力にみるみるうちに引き込まれていました。

 

今ではそんな小さかった娘も2歳になり、毎回のレッスンや発表会でベリーダンスの音楽に触れていたことで、自然とダンスの楽しみを感じているようです。

 

煌びやかな衣装を『かわいいね!』と言って喜び、好きな楽曲がかかると踊るように身体を動かしたり、と教室に馴染んでいる様子。 先生も子育て真っ最中の主婦なので、育児のことなども個別に相談に乗ってくださるし、主婦感覚を持っていらっしゃるので、色んな意味で理解をいただけて助かってます。

 

今は二人目の出産を間近に控えて、レッスンをお休みしてますが、また子どもを連れてレッスンに行くのが楽しみです(o^^o)早く復帰して、発表会などで綺麗な衣装が着たいです。

 

*************************************************************

 

Mさん、どうも有難う

初めて教室に来たときに小さかったKちゃん。「寝返りうったね!」、と皆でびっくりしたころが思い出されます。

そのKちゃんも昨年(2011年)は最年少でママと一緒にイベントステージに立ち、周囲を沸かせてくれました。

イベントチラシにママの舞姿が載っていると

「ママ!ママ!」、と指差して喜んでいます。(かわいい~)

Mさん、二人目のベビーちゃんが生まれることを教室の皆で心待ちにしています。

 

そして、一緒に踊れる日がまた来ることを。

 

追記:本感想文をいただいたときに二人目のお子さんがお腹にいたMさんですが、無事二人目のお子さんを出産し産後1ヶ月でスタジオ復帰!今お子さん二人連れでレッスンに通われています。(2012.12現在)

 

最後まで読んでくださって有難うございました。Raks Yasmin Bellydance Studioへのお問い合わせはこちらからどうぞ。